IR情報

トップメッセージ

代表取締役社長兼社長執行役員 中村 克久

豊かな社会づくりに貢献します。

株主の皆様には、平素より格別のご高配を賜り厚くお礼申しあげます。
当社第78期の決算の状況につきましてご報告申しあげます。
今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申しあげます。




当第1四半期連結累計期間におけるわが国経済は、新型コロナウイルス感染拡大の影響により経済・社会活動が大きく制限され、景気は急速に悪化しました。政府の緊急事態宣言は解除されたものの、個人消費の落ち込みや企業業績の悪化は避けられず、依然として先行きの不透明な状況が続いております。

当社グループを取り巻く事業環境につきましては、新型コロナウイルスの感染拡大が貨物輸送等に影響を及ぼす一方、半導体関連の設備投資や建設関連投資は順調に推移しました。

このような状況の中、当社グループでは、新型コロナウイルスへの感染リスクを軽減させるため、テレワークや時差出勤などの対策を講じながら事業活動を継続してまいりました。

以上の結果、当第1四半期連結累計期間の売上高は192億21百万円(前年同期比15.6%減)、営業利益は3億円(前年同期比11.4%減)、経常利益は3億12百万円(前年同期比11.8%減)、特別利益に固定資産売却益3億8百万円を計上したことにより、親会社株主に帰属する四半期純利益は4億24百万円(前年同期比84.7%増)となりました。